会社概要

金橋翻訳センターは 2000 年に設立され、「先進的なインターネット技術と伝統的な翻訳サービスと互いに結合することで、国内翻訳会社トップブランドを目指している翻訳会社でございます。弊社は最高水準の翻訳会社という目標をめぐって、ネット事業部と翻訳事業部という2つの業務部に分けられています。

ネット事業部は知能翻訳技術の研究開発と推進を重点にして、 2000 年に国内初のコンピュータ知能翻訳システム(世界通)を開発されました。弊社は国内で唯一の 12 種類言語オンライン翻訳サービス ・ プロバイダを提供する翻訳会社です。 2008 年にウェブサイト http://www.netat.net において最初に翻訳サービス電子商取引新しいモデルを出しました。即ちユーザーはインターネット技術を通じて翻訳原本を提出し、システムは自動的に必要経費と時間を計算しだして、オンライン決済をして、最後に電子メールで物流と配送を完成して、サービスプロセスはいずれもネットで完成するので、とても簡単ですばやいです。当社のウェブサイトはオンライン翻訳、オンライン辞書、フォーラム、 Blogger などを設置して、毎日何百万以上のユーザーが使用されております。ウェブサイトはすでに国内翻訳業界のポータルサイトになりました。そして、弊社は先進的な知能翻訳技術を利用して、百度、点撃科技、 msnshell ,阿里ソフトウェアなどの有名なウェブサイトと戦略の協同関係を創立しました。

翻訳事業部は 2000 年から翻訳、通訳、ウェブサイトの現地化などの翻訳サービスに従事して、英語、日本語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語などの言語翻訳サービスを提供しています。弊社は 8 年の努力を経て、専門翻訳チームと品質コントロールプロセスを設立しました。翻訳センターは細分化をして、しかも多数の専門翻訳チームが設置されています。弊社は翻訳原稿の業界によって、対応翻訳チームと審査人員を選択し、翻訳を行います。それによって翻訳文の専門性と正確性を確保します。品質コントロールの面では、大量の専門辞書を蓄積して、先進的なコンピュータサポート翻訳技術を利用することで、人的コントロールから機械翻訳へ発展し、翻訳品質のコントロール可能性と企業の長期競争力を確保します。

弊社は先進的な知能翻訳技術を利用して、自らの翻訳技術を高めると同時に、国内の大型ウェブサイトと積極的に協力して、百度、点撃科技、 msnshell などの会社と戦略協同関係を成立しました。